2月15日(月)の午後3時前、綾瀬4丁目交差点で下校途中の小学1年生が右折する大型車に
ひかれ、亡くなるという あまりにも痛ましい事故が発生しました。
私の自宅から歩いても5、6分の場所です。 決して見通しが悪い交差点ではないだけに、
しかも右折、 なぜ?・・・ドライバーの注意欠落は明らかです。   
 20160219_095629
夢・希望・未来....が一瞬にして大空へ広がり 天に散りました。
同じ小学1年の子を持つ私としては、いたたまれない気持ちでいっぱいです。(T_T)
20160219_095513
この足立区綾瀬の事故の2日後の17日朝には町田市で登校中の小学1年生が
ダンプにひき逃げされ、亡くなられました。
ここ最近だけ見ても、大型車の右左折時に子供が巻き込まれ、死亡する事故が相次いでいます。
東京都内では昨年3月、多摩市の交差点で小2の女児が左折してきた
大型トラックに巻き込まれて死亡。
2週間後には江東区の交差点で、小5の男児が死亡しました。
いずれも歩行者は青信号を渡っていたそうです。
このような交通事故を少しでも無くすために、
改めて私は以下の事項を訴えていきたいと決意しております。
1.この交差点の安全措置(視認性向上や歩車分離式信号など)
1.運転手側の安全意識向上の啓発
1.子ども側(特に小学低学年以下)の 安全意識向上の啓発
1.ゾーン30の拡充
1.登下校時見守り体制の強化