こんにちは。 1月21日の「大寒」前後から日本列島がブルブル震える、寒い日が続いてます。 
このような時期 当然のごとく、風邪やインフルエンザが猛威を振るい始めております。
体調など崩さぬよう、お気を付け下さい!
さて、最近 気になるホームページを発見! あるお茶がカゼ予防に効果があるというのです。
以下、漢方のイスクラ薬局さんとふたば薬局さんのホームページから引用しました。

 「板藍根茶(ばんらんこんちゃ)とは板藍根という植物のお茶です。
板藍根(ばんらんこん)とは、アブラナ科の植物ホソバタイセイの根で、抗菌・抗ウイルス作用や
清熱解毒作用にすぐれた生薬として中国の病院では、肝炎や皮膚病などの治療によく処方
されており、また家庭の常備薬として風邪やインフルエンザの予防によく使われています。
日本でもその昔、藍染め(あいぞめ)に使う藍(あい)の原料として使われていたと言えば
ご存知の方も多いはずです。
2003年に中国でSARSウイルスが大流行したとき、板藍根は、
中国の衛生部(日本の厚生労働省にあたる役所)が予防に効果があるとして全国の病院や
家庭に積極的に服用をうながし、SARSウイルスの慢栄を終息させたということで、
WHO(世界保健機関)からもその効果を高く評価された生薬なのです。
今でもインフルエンザや風邪が流行する季節になると、中国の小・中学校では生徒たちに
板藍根の生薬を煎じたお茶を飲ませているそうです。そのおかげか、中国では風邪や
インフルエンザが流行しても学級閉鎖になることがなく、その高い予防効果が認められています。」
「中国の家庭には板藍根の根のエキスを顆粒状にしたお茶がいつもストックされており、
非常にポピュラーな存在になっています。冬の寒さが厳しい頃、小中学校の校門では、登校して
きた子供達の喉にスプレーで板藍根の煎じ液を吹きかけて健康管理に用いることもあるそう。」

どうですか!? 何か、非常に効き目がありそうな感じが・・・・
そこで 私・・・さっそく、ネット(楽天)で注文し、 購入してしまいました! (^_^)
    20160108_082105  20160108_082053
ティーパックになってます。(30パック+12パック) 2つ合せても2千円ちょっと。
お茶としては、やや高め? 
でも薬効があると考えれば、こんなもんでしょう。 1週間ほど前から飲んでますが、
味は可もなく不可もなく。。。でがらしの麦茶 と しいたけの超うすいスープを足して
2で割ったような・・・私的にはまずくはないと思います。
さて、効果はあるのでしょうか? まぁ風邪はひいておりませんが・・・
また、報告致します!