先ごろ平成29年度、区議会公明党として政務活動費を返還した領収証が届きました。
20180629_104434
その額2百万円以上! 
1人当たり16万円以上の返還で今年も返還額1番でした。
20180629_160813
ちなみに28年度の1人当たりの返還額は、公明党
約53万円・自民党 約17万円・民進党(解散して今はありません)約15万円・無所属33万円、でやはり断トツ トップです。
無所属議員が増えてきた足立区ですが、その方々も29年度は1人当たり12万円です。
公明党は各議員が個人通信を作成、また最低年4回は議会の状況をお知らせする「足立区議会公明党ニュース」を発行し、
20180629_104856
さらに年4回 区政レポートも発行。視察は足立区内外にわたり、3~4名でチームで行い、その成果を本会議や委員会に活かしたり、議員によってはブログやホームページで紹介しています。
20180629_104917
その結果、近藤足立区長からも「公明党の議員の皆様は、本当によく勉強されていると感じます」とおっしゃって頂けるほど、充実した内容です。
 つまり、区民の皆様への情報発信としての発行物にしても視察にしても、
セミナーや勉強会への参加にしても、他を圧倒しているのです!
それでも政務活動費は区民の皆様からの税金である以上、倹約に倹約を重ね、余れば返還しているのですが、毎年毎年、公明党が1番返しているのが現実です。
なぜ、他の方々は あまり余らないのか?(共産党さんは毎年、使い切りで返還ゼロ)
不思議です。
 公明党はこのような政務活動費のブラックボックス化はいけないとの信念から、
領収証の公開を主張していましたが、このたび他の政党の理解も得られ、
来年2019年度から、政務活動費の領収証の公開が決定しました!(^_^)
お金の使い道は あり意味、議員活動を映す鏡と言えます。
 ぜひ皆さん! 政務活動費は皆さんの税金で成り立っています。
来年以降、領収証をくまなくチェックして頂き、議員活動の質とレベルを
判断してもらえればと思います。 よろしくお願いしますm(__)m