来年の10月から始まる、保育の無償化の中身が だんだん明らかになってきましたね。
幼児教育・保育の無償化は、年収制限や補助費用の上限など、条件はあるものの 
3~5歳児の全員と住民税非課税世帯の0~2歳児を対象に実施。
大学などの高等教育では、住民税非課税世帯を中心に、年収380万円未満の世帯の学生を対象に授業料や生活費を支援するといったものです。
幼児~大学まで、家庭環境によって教育格差が生じてはならない。
夢をもち学んでいこうとする子どもの将来を応援したい! 
この公明党の強い思いは昨年から貼り出しているポスターで皆さん
御存じの通りだと思います。
20180615_092856
ただ、いくら口で約束しても、素晴らしい公約をチラシに書いても、
実現できなければ、最初から何もやってないのと結果は同じです。
国と地方議員がガッチリ連携でき、行動力と実現力を兼ね備える公明党
だからこそ、今回の教育の無償化という、具体的な形に実現できるのです。
全てのお子さんに、夢と希望を、明るい未来を! 政治は結果!です。
Cm0nPdXVMAABKOH
 「マニュフェスト」をその場限りの選挙盛り上げグッズにしている
野党と違い、公明党は実現力、マニュフェスト達成率、NO.1です!
足立区でも現在、公明党は12名の区議会議員と2名の都議会議員、
さらに1名の国会議員(足立含む選挙区選出) 
合せて15名の  ~国から都そして区~  の強力な陣容で、
しかもすべてで 与党です。
これからも公明党・岡安 たかしは区民の皆様の要望・課題に
実現力、結果で勝負してまいります!