押忍!(オス)
これは空手
の『はい』に相当する挨拶、オス「押忍」です。
空手道場内では老若男女、全員 オス!
で統一します。
「おはようございます」
が簡略化され「お」と「す」が残り、そこに『押して忍ぶ』
(自我を抑え我慢するの意)から
「押忍」になったとも言われているそうです。(諸説あり)
また、極真空手の
「押忍」には、尊敬・感謝・忍耐の精神が集約されていて、心と身体を鍛えると同時に伝統や礼節を重んじる精神が込められているとのことです。
3月4日の日曜日に極真館 足立支部 綾瀬道場の道場開きに御招待受け、
参加させて頂きました。
20180304_142853
たくさんのお子さんと保護者の皆様が訪れ、盛大にオープンを飾られていました。
根本支部長の歯切れの良い挨拶、空手体験、演武 等々、極真カラテ奥義の一端を垣間見させて頂きました。(^_^)
演武の最後は綾瀬道場の高畑先生による、バット2本折り、ソリャー!との気合で鋭い蹴りがバットへ、、、
バキッ! と見事にバット2本が折れました。力強い模範演武、そして子供たちに
武道としての礼節や
身体はもちろん、心を鍛える重要性を伝えよう との意気込みあふれる
道場開きでした。

東和地域学習センターと東京武道館を道場として教えられるそうです。
 詳しくは →http://www.kyokushin-ayase.com/
一撃必殺の空手、でも「空手に先手無し」との言葉があるように、空手とは人を傷つける為のものではなく、
内なる心を磨き、鍛錬を積んだ強き心を持って平和に寄与するのが空手の古来からの目的とも言われています。

鍛え上げられた心・精神は、その
内に秘めたる力で、すでに戦う前から相手を凌駕し、圧倒し あえて技を先に仕掛けなくても、すでに勝敗は決している。
これが実践の強さもさることながら、それ以上の本来の空手の強さなのでしょう。
何か北斗の拳の「お前は もうすでに 死んでいる!」のケンシロウみたいで
かっこ良い感じがしますね。 
「押忍!」