2018年03月

前々から薦められいましたが、時間がなく なかなか行けなかった
映画「一陽来復」、やっと新宿へ観に行けました!
のんびり出かけたため、新宿に着いたら10時42分。
急いで新宿K’s cinemaへ。
駅近で、迷わず行けたものの館内に入った時はすでに上映が始まっていました。

この映画は、東日本大震災から6年目の岩手・宮城・福島で、
前を向いて生きる人々の姿を追った
ドキュメンタリーです。
女優の藤原紀香さんと声優の山寺宏一さんがナレーションを担当してます。

家や財産、子供や家族を失った現地の人たちの生き様、想いを紡いだ生の言葉・・・・
涙ぐみ、またいろいろ考えさせられ、最後は決意し、
震災から7年経った今だからこそ
観て良かったな と思いました。

そして今日は新宿の初日という事で、昨年「一陽来復」を紹介する番組で
ナビゲーターとして出演された
女優の中山忍さんとユンミア監督による
舞台挨拶も見れて、ラッキーでした。

20180324_122647
中山忍さんは、知る人ぞ知る 歌手の中山美穂さんの妹で、とてもきれいな方でした。
あわててシャッターを切ったため、ピンボケです。(^_^;)
新宿では4/13(金)まで上映してますので、ぜひご覧になって下さい。

東日本大震災の7年前、足立区議会公明党は5月の選挙を勝ち切り、
支援して頂いた皆様への御礼挨拶と同時にすぐ、募金活動に走りました。
北千住、竹ノ塚、西新井、綾瀬 主要4駅で党員の皆様と募金活動を展開し、
真心の募金を(経費が抜かれないように)直接、私達で6月に被災地へ行き、届けました。
IMG_0149
IMG_0166
IMG_0165
こちらは陸前高田市。
家々が建ち並び、にぎやかな街だったのでは。家の土台だけが残っています。
IMG_0158
奇跡の1本松。
IMG_0157
福島市に200万円、岩手県庁に150万円、宮城県に150万円を届けました。
CIMG0452
さらに福島県内でその時一番不足している物、援助してほしい物は何か、
またその地域はどこか?を教えてもらい、浪江町でお米が足りない!とのお話から
公明党のネットワークで、足立区内の企業と連携し応援物資として、福島県浪江町に
1袋5kのお米、3千袋を(企業様の計らいで)用意、届けさせて頂きました。
IMG_0167
私を含め、公明党議員全員で汗だくになりながら手渡しで、保管場所に運びました。
CIMG0459
CIMG0466
馬場 浪江町長が涙ぐみながら公明党足立区議会に感謝の言葉を述べられていた
光景はいまだに忘れられません。
そして翌7月には同じく震災被害のあった、千葉県の旭市、茨城県ひたちなか市に行き
IMG_0266
それぞれ75万円ずつ、届けさせて頂きました。
IMG_0274
旭市内の1軒家。新しい家でしたが液状化で傾いていました。
IMG_0268
区民の皆様から託された募金は、全額を福島、宮城、岩手、旭市、ひたちなか市へと
届けさせて頂きました。

足立区で14人(当時)もの議員がいて、議員同士の全国ネットワーク力1番の
公明党じゃなければできない、素早く力強い支援の行動だったと思います。
これからも岡安 たかしは公明党の一員として被災者はもちろん、
1人に寄り添う支援を推進していく決意です!

  東日本大震災から7年目の3月11日を迎え、公明党は、
宮城県で「復興フォーラム」を開催し、風化と風評被害の“二つの風”と
闘い続けることを誓い合い、被災者が「心の復興」「人間の復興」を
成し遂げるまで断じて闘い抜こう!
と決意を固め合いました。

 被災地のインフラ整備は着実に進む一方で、いまだに約7万3000人の
方々が避難生活を余儀なくされています。

また、真っさらな災害公営住宅で孤独死した人は100人を数え、
災害関連死者数は3600人に上るそうです。
 外見上、整備が進んだ街中でも、中をよく見れば、実は絆の再生が難しく、
課題となっている事がわかります。

もちろん、東日本大震災だけでなく、2016年4月の熊本地震も復興途上にあり、
昨年7月の九州北部豪雨や今冬の大雪被害など、災害は続いています。

 日常生活を破壊された被災者にとって、災害規模の大きい、小さいは関係ありません。
3・11の「教訓」を未来へとつないでいく政治のリーダーシップが大事です!

公明党 岡安たかしは、いかなる災害であっても、被災者一人一人に寄り添い
支援していくを誓いたいと思います

明日から、予算の審議(予算委員会)も後半です。
しっかり新年度予算をチェックしてまいります。
ちなみに、これまで私の2回の出番で質問し、前向きに進みそうなものを挙げますと・・・

1.財政について
 東京女子医大病院予定地の土地代70億円の想定が37億円で購入できる予定。
 差額33億円は病院周辺整備費用として充実した整備をお願い。
   ⇒そのようにしていくとの事。
2.東日本大震災の経験から生まれた、災害時に水とお湯が無料で提供できる、
 災害対応型紙カップ自販機の導入を要望 ⇒検討していくとの事。
 また避難所で障がいのある方など支援がより必要な方が一目でわかる、
 ビブス(かぶるベスト)を要望 ⇒こちらも導入を約束。
3.綾瀬小学校南東にある綾瀬駅東口の歩道橋がある交差点に横断歩道設置を要望 。
   ⇒警察にしっかり頼んでいく事を約束。
4.綾瀬駅東口駅前のマンションに区民が望むテナントを入れてくれるように住友不動産に
 しっかり頼むように要望。その為にも区民が1番のぞむテナントは何か?
 アンケート等を実施するように提案 ⇒やっていくとの事。
 同じく北綾瀬駅の高架下テナントもスーパーなど、近隣住民の方々の要望を
 叶えるようにお願いしました。
5.商店街への支援として全国で実績を有する専門プロデューサーとか、
 外部の専門家の力を借りるなどして、全面的に商店街を応援していく事を要望。
    ⇒そうしていくとの事。
6.北千住駅で1日単位で借りられるレンタサイクルを提案 ⇒検討していくとの事。
7.自転車事故に対応する区民交通傷害保険の新設を提案。
   ⇒前向きに導入に向けて検討を約束。
8.不登校などのお子さんがネットによる学習やァックスや郵便などを利用して
 自宅で学習できるように提案 ⇒前向きに検討したいとの事。

押忍!(オス)
これは空手
の『はい』に相当する挨拶、オス「押忍」です。
空手道場内では老若男女、全員 オス!
で統一します。
「おはようございます」
が簡略化され「お」と「す」が残り、そこに『押して忍ぶ』
(自我を抑え我慢するの意)から
「押忍」になったとも言われているそうです。(諸説あり)
また、極真空手の
「押忍」には、尊敬・感謝・忍耐の精神が集約されていて、心と身体を鍛えると同時に伝統や礼節を重んじる精神が込められているとのことです。
3月4日の日曜日に極真館 足立支部 綾瀬道場の道場開きに御招待受け、
参加させて頂きました。
20180304_142853
たくさんのお子さんと保護者の皆様が訪れ、盛大にオープンを飾られていました。
根本支部長の歯切れの良い挨拶、空手体験、演武 等々、極真カラテ奥義の一端を垣間見させて頂きました。(^_^)
演武の最後は綾瀬道場の高畑先生による、バット2本折り、ソリャー!との気合で鋭い蹴りがバットへ、、、
バキッ! と見事にバット2本が折れました。力強い模範演武、そして子供たちに
武道としての礼節や
身体はもちろん、心を鍛える重要性を伝えよう との意気込みあふれる
道場開きでした。

東和地域学習センターと東京武道館を道場として教えられるそうです。
 詳しくは →http://www.kyokushin-ayase.com/
一撃必殺の空手、でも「空手に先手無し」との言葉があるように、空手とは人を傷つける為のものではなく、
内なる心を磨き、鍛錬を積んだ強き心を持って平和に寄与するのが空手の古来からの目的とも言われています。

鍛え上げられた心・精神は、その
内に秘めたる力で、すでに戦う前から相手を凌駕し、圧倒し あえて技を先に仕掛けなくても、すでに勝敗は決している。
これが実践の強さもさることながら、それ以上の本来の空手の強さなのでしょう。
何か北斗の拳の「お前は もうすでに 死んでいる!」のケンシロウみたいで
かっこ良い感じがしますね。 
「押忍!」


↑このページのトップヘ