2016年03月

志水 宏吉教授(大阪大学)の講演をお聴きしました。
テーマは、子どもを育む「つながり」の力―学力形成の視点から。
20160329_102440
 
子どもの貧困対策の柱の一つは学力をつけさせること。
そして学力向上には3つの指標から捉え、充実させていく必要が
あるとの事。

1つは経済指標→つまり保護者の所得。
2つめは家庭環境→家に本があるとか、親がニュース番組を見て子どもに解説するとか、美術館とか連れて行ってるとか、親が教育熱心とか。。。
3つ目は子どもの社会資本→どれだけ豊かな人間関係を築けてるか(地域・先生・友達ナド)、地域コミュニティとどれだけつながっているか。

 この3つはバランスが大事ですが、驚いたのは、所得(経済指標)よりも社会関係資本の方が、むしろ学力向上につながるという話しです。

保護者の経済指標はすぐには向上できなくても、地域が子どもや家庭に関わっていけば、学力向上は十分可能だそうです。

ただ、引きこもりや地域とかかわらないのは良くないですが、地域は地域で、お祭りや子ども同士の集いの場が少なくなっているのも昨今の現状。

まずは、地域の健全なるコミュニティづくりが求められと思います

防災研修会に参加しました。

<災害多発時代コミュニティ防災力が試される時>と題し、
CeMI環境・防災研究所副所長 
松尾一郎氏の講演をお聴きしました。
20160319_152901
直近の想定が叫ばれている、首都直下地震の備えはもちろんですが、
最近は水害が大きなリスクになってきていて昨年夏の茨城県常総市、
鬼怒川決壊はテレビにも大きく映り、記憶に新しいところでは
ないでしょうか。

アメリカのハリケーンによる被害・・・このような出来事がもはや
対岸の火事ではなく、現実に日本にも、スーパー台風などによる
被害が全国で起きる時代になりました。

大規模水害・・・都市直撃のリスクは?  
地域の水害対策への危機管理は? 
水害に対する警戒、備えを
具体的に考えさせられる講演でした。
大水害からわが町「ふるさと足立」を守るには台風が来る数日前からの、
前もっての準備が大事であり、特に行政(足立区)頼みにしないで、
地域住民で考えていく事、自助・共助を考えていく事の重要性を学びました。

祭日の21日(月)、千寿本町小学校で「食品ロス」削減のための、
女性向け講演会が開催されました。

  20160321_155012

 皆さん、ご存知でしょうか?

世界では9人に1人が栄養不足に陥っており、飢餓に苦しむ方々が
8億人とも言われています。その多くは女性と子供であり、発展途上国
では、栄養不良によって5歳の誕生日を迎える前に命を落とす子供が
年間500万人もいます。
 世界では全人類が生きるのに
十分な量の食べ物が生産されています。
しかし、その3分の1は食卓に届く前に腐ったり、売れ残ったりして
ムダに捨てられているのです。中でも「もったいない」のは、
まだ食べられる状態なのに捨てられてしまう「食品ロス」です。
 日本国内でも、まだ食べられるのに捨てられている食料が
642万トンにのぼっています。
これは、東京都民130
0万人の1年間の食糧消費量とほぼ同じです。
 しかも日本は世界中から食品を輸入し、その一方で大量に廃棄している状況です。
食品ロスと聞くと、コンビニやスーパーの売れのこりが大量に
捨てられているとイメージしがちです。
しかし、実は食品ロスの半分は家庭で発生しています。
 料理を作りすぎて残してしまったり、賞味期限が切れたからといって
まだ食べられる食品を捨ててしまったりということは、どなたも経験が
おありではないかと思います。食品ロスをなくすためには身近なところ
からの取組みが可能です。私たちにできることから始めてみませんか?

 公明党は「食品ロス削減推進プロジェクトチーム」を立ち上げ
参議院議員の竹谷とし子さんを座長に
食品ロスの問題の解決に
取り組んでいます。4月をめどに提言をとりまとめる予定となっています。
1月18日の参院予算委員会では、竹谷とし子議員が安倍総理に対し、
「食品ロス削減に国をあげて国民運動として取り組むため、
総理のリーダーシップを」と決意を促し、
総理も「様々な機会に働きかけをしていく」と答えられています。

食品は世界中の人々にとって大事な限りある資源です。
食品ロス削減のため、そして環境の負担を減らす循環型社会をめざし、
公明党はどこよりも真剣に環境政策に取り組んで参ります。


20日(日)北千住駅で公明党青年局が行う青年政策アンケート調査
「ボイスアクション」に参加しました。
20160320_115044
 
ボイスアクションは若者や区民の皆様が暮らしやすい環境を
整えるため、どの様な政策を要望しているのか、非正規雇用の
待遇改善、幼児教育無償化、無線
LANの拡充、婚活推進・・・
など5つの政策案から特に実現してほしい項目を選んでもらう
街頭アンケートを実施し、この回答結果を公明党の重点政策に
反映させる取り組みです。
20160320_113008
今後、5月の連休にかけて、全国各地、
また足立区のいたる所で展開していく予定です。

みなさまの貴重なご意見を必ず、国に届けてまいります。

ご協力何卒よろしくお願い申し上げます!

国の憲法に匹敵する、足立区の「基本構想」が平成28年度内に刷新される予定です。
新基本構想は区職員・学識者・区民代表・区議会代表議員が数か月にわたって議論し
作った(案)を区長に答申し、のち基本構想案が策定されパブリックコメントに図られ、
秋の議会で審議します。 
     20160225_100554
私も審議員のメンバーとして、特に子どもの分野で熱い議論を交わしながら 様々 提案要望をさせて
頂きました。 特にこだわったのが、「夢」や「希望」、「輝き」や「笑顔」 といった子供たちの未来に
向かって可能性が開いていく事が感じられる、単語・フレーズを入れて欲しいと要望しました。
とりあえず、答申の段階では、入りましたが、最終的な完成物に入れてくれるのか? 楽しみです。
ちなみに、今まで使ってきた 協働と言う言葉はこのたび、協創力 という言葉に進化してます (^_^)
20160303_092151

↑このページのトップヘ