足立区内で本年2回目となる「いのちの絵本」朗読会が3月18日に行われました。
朗読される絵本は、東日本大震災で大津波によって70人の児童の命が奪われ4人の
児童が行方不明になってしまった宮城県石巻小学校が舞台です。
震災を語り継ぐこと、命の大切さと人を想う事の大切さ、さらには防災の教訓を
確認していく・・・様々な意義のある、内容の濃い 朗読会でした。
ホールの廊下には石巻市の震災時の模様がパネルで展示。
20170318_135942
         20170318_135929
                   20170318_135955
当日 絵本の朗読は木村拓哉サンの実のお母さん という事もあったのか、
エルソフィアのホールは満員でした!(@_@)
主催の「あだち防災プロジェクト」 共催の「(社団)三月のひまわり」の皆様、
本当にありがとうございました。m(__)m