異常な暑さが続いています。どうぞご無理なさらず、
休養と水分補給を充分にとって下さい。

さて、先月は会派視察で九州(久留米市・長崎市)に行ってまいりました。

西日本豪雨からの復興の真っただ中の九州訪問となりましたが、

視察先の久留米市・長崎市は大きな被害はなかったそうです。

簡単に視察の内容を報告します。 

20180724_101426

 【久留米市:自殺対策事業】 

 特徴的なのは、かかりつけ医と精神科医が連携し、うつ病の早期発見・早期治療、さらには自殺対策の推進につながっていること。(久留米方式)

また平成25年度からは「セーフコミュニティー」という、自殺予防対策委員会を立ち上げ、大学(医科)や医師会、民生委員、校区連絡会などの住民組織と、消防、行政機関の全部で7団体11名が定期的に取組みの検討会を推進し、国際認証も取得しました。

うつ患者の64.7%は精神科でなく内科を受診していることから、内科と精神科医とで連携し精神科へ紹介。その後の状況の把握に努めるための検討会なども継続していています。さらに医師の連携だけではなく市民向けの「ゲートキーパー」養成研修会を大幅に増やし、データ報告や専門家の話を聞く機会を多く設け、生活の様々な場面で安心安全のまちづくりに向け市民の視点が広がることにもつながっています。「セーフコミュニティー」という組織作りから始まり、最終的には自殺防止だけにとどまらず、安心安全のまちづくりに、市民みんなが正しい知識を増やし、自殺や事故などを防いで行こうという取り組みにつながっていました。

久留米市議会

 【長崎市:まちなかプロジェクト】

  観光都市長崎としてのまちなか活性化事業。H34に九州新幹線が長崎まで来る前にインバウンドも含め魅力ある町、賑わいの絶えない街づくりに臨みます。

20180724_153737

 まずは街を4つのエリアに分け整備計画を策定。
地域の町会長等により策定した「まちなか再生ガイドライン」、専門家による「まちなかデザイン会議」、来街者による「歩いて楽しいまちづくり座談会」など協創の視点も取り入れています。
20180724_211416
商店や団体が自ら企画した活性化事業も各エリアの方針に沿っていれば、市として金銭面や諸々 支援もするとのこと。
大型観光クルーズ船も誘致できるよう着岸港の整備も進めています。
下の写真は6,000人級の大型観光クルーズ船。
まるで動くマンションです!
20180724_205830
20180724_212102

昨晩は40回記念の足立区の夏の定番、花火大会でしたね。
20180721_201443
20180721_202624
昨年より1,600発多い、13,600発を約1時間で打ち上げました。
足立の花火は、短時間で多くの花火が打ち上がる、首都圏でも そのダイナミックさは有名です!
20180721_202626
20180721_202741
昨年は諸般の理由から「ナイアガラの滝」を中止し、多くの区民から
残念と共に今年の復活を望む声が寄せられ、今年は復活! 
20180721_195919
しかも40回記念でダブルにしました!(^_^)
20180721_200024
今年は私は区議会の副議長として、お招きしている友好自治体である 山ノ内町、魚沼市、
鹿沼市の議員と職員の皆様を近藤区長、議長と一緒におもてなし。
夕方4時過ぎから夜10時近くまで、暑さもあり、結構疲れた夜になりましたが、きれいな花火のお蔭で心は癒されました。
20180721_202432
20180721_202747
今朝は父(義理父)が早い時間からシルバーの仕事で、花火会場に向かい、
昨晩のゴミ拾いや跡片付けをしてきたようで、汗びっしょりになって
10時過ぎに帰宅してきました。
夢のアトの後始末がある事を改めて、認識し、ボランティアやシルバーの皆様に心から感謝する次第です。 ありがとうございます! m(__)m

災害は、いつ来るかわからず経験は貴重な財産になりますが、
さりとて大災害をこちらの都合で体験
するということはなかなか出来ません。
そこでと言っては何ですが、このたび
東京消防庁が災害をリアルに映像で再現し、映像を通して地震・火災・風水害の災害を疑似体験できる
VR(バーチャル リアリティ)防災体験車」を導入されまして、
近藤区長と一緒に試乗体験に行かせて頂きました。

20180620_151350
20180620_155109
 この車は、大型バスを一回り大きくしたくらいの大型車で8人が座れる座席があり、ヘッドマウントディスプレイという、ゴーグルを着けてバーチャルリアリティの映像を見ます。
座席は映像の通りに、
揺れたり、火災のシーンでは熱気や匂い・雨の水しぶきなど効果的な演出がなされ、ちょっとした遊園地のアトラクションのようでした。
20180620_144143
体験できる災害は、これまでにない臨場感あふれる災害疑似体験で、本当に
その場に自分が居るようにしか思えず、お子さんなんかは泣きべそかく子も
出るんじゃないかと思えるくらい、リアルな出来でした。
20180620_144127
疑似体験できる災害は、地震・火災・風水害の
3つ。
1つが大体3分くらいの体験で、とりあえず私は3つを続けて体験しましたが、
前後左右に揺れる座席や崩れる建物、目の前が燃える様子、風水害の激しさなど
目に入る映像のリアルさと、災害の実相に合わせた座席の動き、水しぶき、熱、においなどの演出効果は想像以上で、終わった時には冷や汗をかき、体も少々ふらつき気味でした。

20180620_144113
普段、防災訓練などに参加する出来ない人やお子さん達など、
一人でも多くの方に体験してもらいたいと思います。

足立区では、来年の「成人の集い」の場で体験してもらう事を考えているようですが、あのごった返した東京武道館の周辺のどこに防災体験車を停めるのか?
ちょっと難しいような気もします。

「忘れた頃にやって来る」と言われる災害、忘れない為にも このような疑似体験をしておくことは大変 意義あることだなと強く感じました。

↑このページのトップヘ