災害は、いつ来るかわからず経験は貴重な財産になりますが、
さりとて大災害をこちらの都合で体験
するということはなかなか出来ません。
そこでと言っては何ですが、このたび
東京消防庁が災害をリアルに映像で再現し、映像を通して地震・火災・風水害の災害を疑似体験できる
VR(バーチャル リアリティ)防災体験車」を導入されまして、
近藤区長と一緒に試乗体験に行かせて頂きました。

20180620_151350
20180620_155109
 この車は、大型バスを一回り大きくしたくらいの大型車で8人が座れる座席があり、ヘッドマウントディスプレイという、ゴーグルを着けてバーチャルリアリティの映像を見ます。
座席は映像の通りに、
揺れたり、火災のシーンでは熱気や匂い・雨の水しぶきなど効果的な演出がなされ、ちょっとした遊園地のアトラクションのようでした。
20180620_144143
体験できる災害は、これまでにない臨場感あふれる災害疑似体験で、本当に
その場に自分が居るようにしか思えず、お子さんなんかは泣きべそかく子も
出るんじゃないかと思えるくらい、リアルな出来でした。
20180620_144127
疑似体験できる災害は、地震・火災・風水害の
3つ。
1つが大体3分くらいの体験で、とりあえず私は3つを続けて体験しましたが、
前後左右に揺れる座席や崩れる建物、目の前が燃える様子、風水害の激しさなど
目に入る映像のリアルさと、災害の実相に合わせた座席の動き、水しぶき、熱、においなどの演出効果は想像以上で、終わった時には冷や汗をかき、体も少々ふらつき気味でした。

20180620_144113
普段、防災訓練などに参加する出来ない人やお子さん達など、
一人でも多くの方に体験してもらいたいと思います。

足立区では、来年の「成人の集い」の場で体験してもらう事を考えているようですが、あのごった返した東京武道館の周辺のどこに防災体験車を停めるのか?
ちょっと難しいような気もします。

「忘れた頃にやって来る」と言われる災害、忘れない為にも このような疑似体験をしておくことは大変 意義あることだなと強く感じました。

足立区の友好自治体である栃木県鹿沼市に交流に行き、
木造小学校の「鹿沼市立粟野小学校」を視察させて頂きました。
20180706_114202
鹿沼市では公共施設の木造・木質化を積極的に進めていて、学校では平成19年から
中学や小学校の体育館を木造で整備してきたそうです。
鹿沼市内の全小中学校35のうち、現在はこの粟野小含め、3校が木造です。
20180706_114244
20180706_112401
20180706_112659
粟野小学校は、校舎も体育館も木造2階建て。
渡り廊下のみ耐火構造の鉄骨造です。
こちらは体育館。木の体育館・・・素敵です。。。
20180706_113413
そして、こちらが図書室。
20180706_112800
音楽室のオルガンも、もちろん木です。
20180706_113159
木材使用量は校舎が858㎥、体育館が300㎥。
地元の木材を使用し「木のまち鹿沼」として木造にこだわった、木の温もりが感じられる
解放感と明るさがあふれる学校でした。
ちなみに足立区では都会にありがちな、耐火構造にしなければいけない、など
法律の規制があり、木材で校舎や体育館を造ることは難しいのが現状で、
部分的に使用しています。

先ごろ平成29年度、区議会公明党として政務活動費を返還した領収証が届きました。
20180629_104434
その額2百万円以上! 
1人当たり16万円以上の返還で今年も返還額1番でした。
20180629_160813
ちなみに28年度の1人当たりの返還額は、公明党
約53万円・自民党 約17万円・民進党(解散して今はありません)約15万円・無所属33万円、でやはり断トツ トップです。
無所属議員が増えてきた足立区ですが、その方々も29年度は1人当たり12万円です。
公明党は各議員が個人通信を作成、また最低年4回は議会の状況をお知らせする「足立区議会公明党ニュース」を発行し、
20180629_104856
さらに年4回 区政レポートも発行。視察は足立区内外にわたり、3~4名でチームで行い、その成果を本会議や委員会に活かしたり、議員によってはブログやホームページで紹介しています。
20180629_104917
その結果、近藤足立区長からも「公明党の議員の皆様は、本当によく勉強されていると感じます」とおっしゃって頂けるほど、充実した内容です。
 つまり、区民の皆様への情報発信としての発行物にしても視察にしても、
セミナーや勉強会への参加にしても、他を圧倒しているのです!
それでも政務活動費は区民の皆様からの税金である以上、倹約に倹約を重ね、余れば返還しているのですが、毎年毎年、公明党が1番返しているのが現実です。
なぜ、他の方々は あまり余らないのか?(共産党さんは毎年、使い切りで返還ゼロ)
不思議です。
 公明党はこのような政務活動費のブラックボックス化はいけないとの信念から、
領収証の公開を主張していましたが、このたび他の政党の理解も得られ、
来年2019年度から、政務活動費の領収証の公開が決定しました!(^_^)
お金の使い道は あり意味、議員活動を映す鏡と言えます。
 ぜひ皆さん! 政務活動費は皆さんの税金で成り立っています。
来年以降、領収証をくまなくチェックして頂き、議員活動の質とレベルを
判断してもらえればと思います。 よろしくお願いしますm(__)m

↑このページのトップヘ